Toshihisa Doi -Publication
original paper

土井俊央, 村田厚生. (2018) 車載GUIの操作に関する知識がその操作と自動車運転に与える影響, 日本感性工学会論文誌, 17(2), 233-241.

土井俊央, 村田厚生, 味間智志. (2017) メンタルモデル構築のし易さから見たタッチパネルGUIの画面構成の評価, デザイン学研究, 64(3), 31-40.

土井俊央, 堀内光雄, 尾上祐介, 藤野高根. (2016) 汎用システムデザインプロセスの製品ハードウェア設計開発への適用 ─システム思考デザインによるノートブックPCの入力デバイスの機構開発事例, デザイン学研究, 63(3), 89-98.

土井俊央, 後藤祐樹, 山岡俊樹. (2016) ヒューマンデザインテクノロジーを活用したスーパーマーケット生鮮部門バックヤードの作業性向上のための作業改善, 人間生活工学, 17(1), 45-52.

Doi, T., Yamaoka, T. (2014) Proposal of Usability Metrics based on Inspection Methods , The Bulletin of JSSD, 60(5), 69-74.

土井俊央, 石原啓介, 山岡俊樹. (2014) ユーザインタフェースにおけるユーザのメンタルモデル構築度合想定のためのアンケートの提案 , デザイン学研究, 60(4), 69-76.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹, 西崎友規子. (2012) 操作時のメンタルモデル構築要素についての一考察, デザイン学研究, 58(5), 53-62.

Yamaoka, T., Doi, T., and Nishizaki, Y. (2012) A Proposal of a User-Interface Index That Corresponds with Mental Model Structural ElementsTheoretical Issues in Ergonomics Science, 13(2), 135-145.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2010) 電化製品に対するユーザの態度の相違による製品の知識とメンタルモデル構築の違いの分析, 日本感性工学会論文誌, 9(4), 611-619.

misc

Doi, T., Murata, A., Moriwaka, M., Osagami, T. (2018) Camera Monitor Systems as Replacement of Side Mirror in Rearward Monitoring, In: Stanton N. (eds) Advances in Human Aspects of Transportation. AHFE 2018. Advances in Intelligent Systems and Computing, 786, 544-553.

Doi, T., Murata, A., Moriwaka, M., Takamoto, T. (2018) Effects of Luminous Intensity and Color of LED Light on Ocular Movement Characteristics, In: Rebelo F., Soares M. (eds) Advances in Ergonomics in Design. AHFE 2018. Advances in Intelligent Systems and Computing, 777, 48-55.

土井俊央. (2017) ユーザのメンタルモデルに着目したデザイン開発手法, 研究開発リーダー14(7), 19-26.

西崎友規子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2016) メンタルモデルの個人差が製品の選択評価に及ぼす影響-ユーザビリティと見た目を指標として-, 日本感性工学会論文誌, 15(4), 531-535.

Nishizaki, Y., Doi, T. and Yamaoka, T. (2016) Which Design Seems Easy to Use? An Analysis of Individual Differences in Mental Models, Advances in Affective and Pleasurable Design (Proc. of AHFE2016), 483, 79-86.

土井俊央, 石原啓介, 山岡俊樹. (2015) ユーザインタフェース操作におけるメンタルモデル構築と活動状態指向性・作業記憶の関係に関する一考察─メンタルモデル構築のためのユーザ特性の検討, デザイン学研究, 62(4), 61-66.

土井俊央. (2015) 汎用システムデザインプロセスに基づく開発部門での新製品提案のためのユーザエクスペリエンス設計手法, 人間中心設計推進機構・機構誌, 11(1), 1-6.

土井俊央. (2015) デザイン人間工学に基づくユーザのメンタルモデル検討方法, デザイン学研究特集号, 22(1), 28-33.

Doi, T. and Yamaoka, T. (2013) Contribution of the Elements for Structuring Mental Models in User-Interfaces Operation, Consilience and Innovation in Design Proceedings and Program vol.1+2 (Proc. of IASDR 2013) 2533-2540.

Doi, T. and Yamaoka, T. (2013) A Proposal of the Usability Checklist Corresponding to Task Flows, Proceedings of International Conference on Engineering Design 2013 (ICED2013), 55, 117-124.

Doi, T., Ishihara, K. and Yamaoka, T. (2013) Verification of the Questionnaire for the Level of Mental Models Building, HCI International 2013 –Posters’ Extended Abstracts, 105-108.

Ishihara, K., Doi, T., Yanagimoto, S. and Yamaoka, T. (2013) Cognitive factors involved in the ability to manipulate a digital camera, Universal Access in Human-Computer Interaction (Proc. of HCI2013), 585-593.

Tominaga, S., Doi, T., Yamaoka, T., Miyashita, Y. and Toriumi, M. (2011) Structure of FUN factors in the interaction with products, Human Centerd Design (Proc. of HCI2011), 138-143.

Yamaoka, T., Doi, T. and Adachi, K. (2010) How to recognize objects based on mental model and visula clues with products when operating, Proceedings of 9th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2010), 214-218.

Doi, T. and Yamaoka, T. (2009) Examining User’s Images by the Differences of the Awareness regarding the Electrical Appliances, IASDR09 PROCEEDINGS Rigor and Relevance in Design (Proc. of IASDR2009), 457-466.

Goto, Y., Doi, T. and Yamaoka, T. (2009) A Study On An Improvement Of Layout Of A Supermarket Backyard By Link AnalysisIASDR09 PROCEEDINGS Rigor and Relevance in Design (Proc. of IASDR2009), 2457-2466.

int. conf.

Doi, T., Murata, A., Moriwaka, M., Osagami, T. (2018.7) Camera Monitor Systems as Replacement of Side Mirror in Rearward Monitoring, 9th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2018), US.

Doi, T., Murata, A., Moriwaka, M., Takamoto, T. (2018.7) Effects of Luminous Intensity and Color of LED Light on Ocular Movement Characteristics, 9th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2018), US.

Doi, S., Doi, T. and Yamaoka, T. (2017.8) Understanding Factors that Affect the Evaluation of User Satisfaction, The 3rd International Conference on Ambient Intelligence and Ergonomics in Asia, Japan.

Nishizaki, Y., Doi, T. and Yamaoka, T. (2016.7) Which Design Seems Easy to Use? An Analysis of Individual Differences in Mental Models, 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE2016), US.

Doi, T. and Yamaoka, T. (2013.8) Contribution of the Elements for Structuring Mental Models in User-Interfaces Operation, The 5th Conference of International Association of Societies of Design Research 2013 (IASDR2013), Japan.

Doi, T. and Yamaoka, T. (2013.8) A Proposal of the Usability Checklist Corresponding to Task Flows, International Conference on Engineering Design 2013 (ICED2013), Korea.

Doi, T., Ishihara, K. and Yamaoka, T. (2013.7) Verification of the Questionnaire for the Level of Mental Models Building, 15th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2013), U.S.

Ishihara, K., Doi, T., Yanagimoto, S. and Yamaoka, T. (2013.7) Cognitive factors involved in the ability to manipulate a digital camera, 15th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2013), U.S.

Tominaga, S., Doi, T., Kitaoka, S., Yamaoka, T., Miyashita, Y. and Toriumi, M. (2011.7) Structure of FUN Factors in the Interaction with Products, 14th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2011), U.S.

Doi, T., Tominaga, S. and Yamaoka, T. (2010.11) Consideration of Operation Panels which Seems to Be Easy to Use for UsersThe 3rd Int. Conf. for Universal Design in HMAMATSU 2010 (IAUD2010), Japan.

Doi, T., Tominaga, S. and Yamaoka, T. (2010.11) Extracting Components and Process for Constructing Mental Model in User InterfaceThe 9th Pan-Pacific Conf. on Ergonomics (PPCOE2010), Taiwan.

Yamaoka, T., Doi, T. and Adachi, K. (2010.8) How to recognize objects based on mental model and visula clues with products when operating, Int. Joint Conf. of Asia Pacific Computer Human Interaction 2010 (APCHI2010) and Ergofuture 2010, Indonesia.

Doi, T., and Yamaoka, T. (2010.5) The Proposal of User Interface Design Based on Mental Model and Procedure of Human Design TechnologyJoint Symposium Japan Ergonomics Society and Ergonomics Society of Korea 2010, Korea.

Doi, T., and Yamaoka, T. (2009.10) Examining User’s Images by the Differences of the Awareness regarding the Electrical AppliancesThe 3rd Conference of International Association of Societies of Design Research 2009 (IASDR2009), Korea.

Tominaga, S., Rin, M., Doi, T. and Yamaoka, T. (2009.10) Grasping the Components of Constructing Mental Model in Operation of the EquipmentsThe 3rd Conference of International Association of Societies of Design Research 2009 (IASDR2009), Korea.

Goto, Y., Doi, T. and Yamaoka, T. (2009.10) A Study On An Improvement Of Layout Of A Supermarket Backyard By Link Analysis, The 3rd Conference of International Association of Societies of Design Research 2009 (IASDR2009), Korea.

Doi, T., Rin, M., Tominaga, S. and Yamaoka, T. (2009.7) Examining Text Analysis Method using Key Graph and Formal Concept Analysis13th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2009), U.S.

Tominaga, S., Rin, M., Doi, T., and Yamaoka, T. (2009.7) Grasp the components of mental model in operation of the products13th Int.Conf. on Human-Computer-Interaction International (HCI2009), U.S.

Domestic Conference

土井俊央, 村田厚生, 森若誠, 長上拓実. (2017.12) 走行中の後方確認作業における自動車サイドミラー代替のカメラモニタシステムの有効性, 第50回日本人間工学会中国・四国支部大会, 山口大学吉田キャンパス

土井彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2017.9) 接客サービスにおける満足の評価に影響する要因の一考察, 第19回日本感性工学会大会, 筑波大学東京キャンパス

土井俊央, 村田厚生, 森若誠. (2017.3) 車載情報機器のGUIに対するメンタルモデル構築度合が自動車運転作業に与える影響, 第12回日本感性工学会春季大会, 上田安子服飾専門学校

土井彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2016.9) UX構築のためのインタラクションにおける魅力要因の体系化とその応用研究, 第18回日本感性工学会大会, 日本女子大学

西崎友規子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2016.3) メンタルモデルの個人差が製品の選択評価に及ぼす影響~使いやすくみえることと見た目のよさを指標として~, 第11回日本感性工学会春季大会, 神戸国際会議場

土井俊央, 岡田衛, 今井拓水. (2015.9) 価値の観点からのシーズ指向発想法の提案, 第12回デザイン人間工学報告会, 大田区産業プラザPiO.

土井俊央. (2015.6) Proof-of-ConceptフェーズにおけるホールウェイユーザテスティングによるV&V評価 -汎用システムデザインプロセスにおけるコンセプト評価事例-, 日本人間工学会第56回大会, 芝浦工業大学芝浦キャンパス.

Doi, T., Imai, T., Geary, M. and Zheng, N. (2015.6) Approach to Systematization of 3D Gesture Design Pattern for UI Operation, 第62回日本デザイン春季研究発表大会, 千葉大学西千葉キャンパス.

土井俊央, 山岡俊樹. (2015.3) ユーザのメンタルモデルに着目したデザイン開発手法, 第10回日本感性工学会春季大会, 京都女子大学.

土井俊央, 中村佳央, 山崎誠仁, 天野将之, 重松友一, 塚本泰通. (2014.12) 汎用システムデザインプロセスに基づく開発部門での新製品提案のためのユーザエクスペリエンス設計手法, 2014年度HCD研究発表会, 芝浦工業大学芝浦キャンパス.

土井俊央. (2014.8) 開発部門主導でのUXを考慮した新製品提案方法についての一考察, 第11回デザイン人間工学報告会, 大田区産業プラザPiO.

山岡俊樹,土井俊央. (2012.3) メンタルモデルに基づくデザイン作成ガイドライン案, 第7回日本感性工学会春季大会, サンポートホール高松.

土井俊央, 山岡俊樹. (2011.12) 評価対象製品のタスクに対応したユーザビリティチェックリストの提案, 日本デザイン学会第四支部平成23年度研究発表会, 岡山県立大学.

土井俊央, 山岡俊樹. (2011.12) 問題点抽出のためのユーザビリティ評価における評価指標及び問題点の重要度付け方法の提案, 平成23年度日本人間工学会関西支部大会, 神戸大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹, 西崎友規子. (2011.9) ユーザインタフェースにおけるメンタルモデル構築度合測定尺度の基礎的考察, 第13回日本感性工学会大会, 工学院大学.

石原啓介, 土井俊央, 北岡新一郎, 茶木盛暢, 柳本聡, 山岡俊樹. (2011.9) サービス現場におけるユーザリクアイアメント抽出のための観察手法の提案, 第13回日本感性工学会大会, 工学院大学.

土井俊央, 山岡俊樹. (2011.8) ユーザインタフェースデザイン項目の分類についての一考察, 第8回応用人間工学報告会, 日本工業大学神田キャンバス/常翔学園大阪センター.

山岡俊樹, 冨永彩容子, 土井俊央, 宮下由佳, 鳥海正義. (2011.6) インタラクションにおける喜びや楽しみを促進させるFUN要因の把握, 日本デザイン学会第58回春季研究発表大会, 千葉工業大学.

北岡新一郎, 山岡俊樹, 冨永彩容子, 土井俊央, 宮下由佳, 鳥海正義. (2011.6) 製品操作時の思考調査によるメンタルモデルの構築過程の検討日本人間工学会第52回大会, 早稲田大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹, 西崎友規子. (2011.5) ユーザインタフェースにおけるメンタルモデル構築度合測定尺度の提案日本感性工学会関西支部大会, 宝塚大学.

北岡新一郎, 冨永彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2011.3) 操作時の思考調査によるメンタルモデルの構築プロセスの検討第6回日本感性工学会春季大会, 九州大学.

土井俊央, 山岡俊樹. (2010.11) ユーザインタフェースデザイン項目の分類に関する一考察, Designシンポジウム2010, 産業技術大学院大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2010.8) インタフェース設計におけるメンタルモデルの視点の紹介と提案, 第7回応用人間工学報告会, 日本教育会館/常翔学園大阪センター.

山岡俊樹, 土井俊央. (2010.6) 操作時における手がかりの役割第45回人類働態学会全国大会, 中京大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹, 西崎友規子. (2009.12) インタフェース操作のメンタルモデル構築に関わる要素についての研究平成21年度日本人間工学会関西支部大会, 奈良女子大学.

後藤祐樹, 山田雄紀, 和田智紀, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.12) タスク分析とFMEAを用いたヒューマンエラー推定手法について平成21年度日本人間工学会関西支部大会, 奈良女子大学.

土井俊央, 山岡俊樹. (2009.12) 認知的な側面からユーザビリティ評価をするための簡易的なタスク分析の提案, 日本人間工学会九州支部第30回・人類働態学会西日本地方会第35回合同大会, 北九州国際会議場.

冨永彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.12) 機器操作時のユーザのメンタルモデルの違いによるグループ分類のためのアンケート開発日本人間工学会九州支部第30回・人類働態学会西日本地方会第35回合同大会, 北九州国際会議場.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2009.11) 機器操作時のユーザのメンタルモデル構築に関する一考察第38回人類働態学会東日本地方会, 武蔵野大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2009.9) インタフェース操作におけるメンタルモデル構築に関わる要素の把握, 第11回日本感性工学会大会, 芝浦工業大学

山田雄紀, 山岡俊樹, 冨永彩容子, 土井俊央. (2009.9) 高齢者のインタフェースに対する操作傾向に関する考察第11回日本感性工学会大会, 芝浦工業大学.

土井俊央, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2009.8) インタフェース操作におけるメンタルモデル構築に関わる要素の抽出第6回応用人間工学報告会, 日本工業大学神田キャンパス/扇町インキュベーションセンター.

後藤祐樹, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.6) スーパーマーケットの生鮮部門バックヤードにおける作業改善1-現状把握と問題点の抽出-日本人間工学会第50回記念大会, 産業技術総合研究所.

土井俊央, 後藤祐樹, 山岡俊樹. (2009.6) スーパーマーケットの生鮮部門バックヤードにおける作業改善2-改善案の実施とその評価-日本人間工学会第50回記念大会, 産業技術総合研究所.

冨永彩容子, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.06) 機器操作に関するメンタルモデル構築要素の把握, 日本人間工学会第50回記念大会, 産業技術総合研究所.

土井俊央, 後藤祐樹, 山岡俊樹. (2009.6) スーパーマーケットの生鮮部門バックヤードの従業員参加による改善活動とその考察第44回人類働態学会全国大会, 日本女子体育大学.

土井俊央, 山岡俊樹. (2009.3) 投影法を用いた質的分析による感性情報分析手法の提案第5回日本感性工学会春季大会, 宝塚造形芸術大学.

後藤祐樹, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.3) キーグラフと情報の構造化手法を用いたスーパー従業員の職場意識の把握第5回日本感性工学会春季大会, 宝塚造形芸術大学.

冨永彩容子, 林昌俊, 土井俊央, 山岡俊樹. (2009.3) ユーザグループに対応した機器操作に関するメンタルモデルの特性の検討, 第5回日本感性工学会春季大会, 宝塚造形芸術大学.

土井俊央, 林昌俊, 冨永彩容子, 山岡俊樹. (2008.12) ユーザの電化製品に対する態度とその知識構造に関する考察平成20年度日本人間工学会関西支部大会, 京都工芸繊維大学.

土井俊央, 山口大次郎, 山岡俊樹, 石本明夫, 本多信夫. (2008.9) ヒューマンデザインテクノロジの3Pタスク分析と構造化コンセプト構築のソフトウェアについて第10回日本感性工学会大会, 大妻女子大学.

土井俊央, 山口大次郎, 山岡俊樹, 石本明夫, 本多信夫. (2008.8) ヒューマンデザインテクノロジの3Pタスク分析と構造化コンセプト構築のソフトウェアについて第5回応用人間工学報告会, 工学院大学/宝塚造形大学.

patent

登録番号:62976233, 特開2017-220853, 特願2016-115167, 情報処理装置、画像送信方法、及びプログラム

特開2017-188766, 特願2016-075697, カメラを備える電子機器、撮影映像の補正方法および記憶媒体

登録番号:60907603, 特開2017-162076, 特願2016-044344, 携帯情報端末

登録番号:62209123, 特開2017-150517, 特願2016-031675, 電子機器

登録番号:60391513, 特開2017-59066, 特願2015-184548, 入力装置及び情報処理装置

登録番号:60693883, 特開2016-165044, 特願2015-044505, 近距離無線通信に使用するアンテナ,電子機器及び製造方法

US9582045B2, US20160139637A1, US14943901, Coupling structure for input devices

登録番号:60105953, 特開2016-99661, 特願2014-233738, 結合構造,入力装置及び電子機器

US20160147328A1, US14943867, Input device for a portable computer

登録番号:60338253, 特開2016-99660, 特願2014-233737, 入力装置及び電子機器

登録番号:59689553, 特開2016-9325, 特願2014-129366, 入力装置及び電子機器

登録番号:59558763, 特開2015-170046, 特願2014-043252, 電子機器

US20150185779 A1, US 14/140602, SYSTEMS AND METHODS FOR REDUCING INPUT DEVICE NOISE

登録番号:60813383, 特開2015-072540, 特願2013-207027, ポインティング・スティックを含む入力装置、携帯式コンピュータおよび動作方法

US9098250 B2, US20150022960 A1, US 13/944794, COMPUTER ASSEMBLY INCORPORATING COUPLING WITHIN PANTOGRAPH

thesis

土井俊央. (2015.3) ユーザインタフェースデザイン開発のための ユーザのメンタルモデル構築に関する研究, 2014年度和歌山大学大学院システム工学研究科博士論文, 2015, 主査:鰺坂恒夫, 副査:原田利宣, 満田成紀, 学外委員:山岡俊樹.

土井俊央. (2012.3) A Study on Quantifying Usability by an Inspection Method based on Human-Centered Design, 2011年度和歌山大学大学院システム工学研究科修士論文, 2012, 指導教員:山岡俊樹.

土井俊央. (2010.3) ユーザのメンタルモデル構築要素の把握と インタフェース設計への応用, 2009年度和歌山大学システム工学部卒業論文, 2010, 指導教員:山岡俊樹.

土井俊央. (2008.3) 多人数注視判定によるエージェントとのインタラクション2007年度奈良工業高等専門学校電気工学科卒業論文, 2008, 指導教員:竹村憲太郎.

contents